台湾にサーフトリップは如何? 現地サーファー、亮さんのブログ

台湾での生活やサーフィンの情報をお届けします。

台湾製 サーフボード

こんにちは😃

 

今日は台湾のサーフボードの事情について

書きます。

 

20年くらい前までは、サーフボードは

ほぼ、海外からの輸入で賄ってました。

 

現在は、台湾のオリジナルでシェーパーが

徐々に出てきて、台湾のサーフ界も、

盛り上がりを見せてます。

 

f:id:aliang1201:20180805083210j:image

このボードは、PUフォームに6onzの

ガラスクロスを三枚巻いてあるボード。

8 *22 * 2 5/8でシェイプしてもらい

ました。


f:id:aliang1201:20180805083204j:image


f:id:aliang1201:20180805083159j:image

ボトムデザインは、シングル、ダブル

コンケーブで、シングルフィンの

セッティングです。

(ロッカーはおまかせ)

 

f:id:aliang1201:20180805083908j:image

 

オーダーフォームで、きちんと聞き取り

を踏まえてつくってくれます。

 

で、調子はどうかどうか言うと…

 

【ビーチブレイク最強ボード】

 

に仕上がりました。

 

板の安定感が良く、パドルが早い。

当然、滑り出しが早い。

 

1. PUフォーム

2. テール側を絞ってある

3. ボキシーレール薄め

 

ビーチブレイクでありがちな、腰、腹くらい

の「パチャ」とブレイクする波がに、周りの

人より、二段階くらい早く乗れますよ〜

 

これで、なんと2万元❗️(日本円で7万ちょい)

 

どうでしょう、みなさんも台湾で板つくって

みたら?