台湾にサーフトリップは如何? 現地サーファー、亮さんのブログ

台湾での生活やサーフィンの情報をお届けします。

台北、鳥石港波情報8月13日

んばんわーw 台北のアキラさんです。

 

本日も、鳥石港行ってきました~w

 f:id:aliang1201:20160813184110j:plain


朝台北4時に出発しまして、一路、鳥石港を目指します。

台北から高速で50km弱ですから、40分余りで到着します。

 

日があけるのがすこしづつ遅くなっていますね~

 

今日は11時に潮が引きいっぱいで、朝一はどのポイント

も、今一つな雰囲気。

 

鳥石港、双獅子、密月湾と波チェックしましたが、結局

鳥石港、北提に入ることにしました。

 

波のサイズは、セットで腹くらいでしたでしょうか。

だらだらな、トップだけ割れるような波でした。


あと、今日はいつものショップで

板を買っちゃいました。


ムラサキさんのオリジナルブランド

スリーウェザー、freelyと言うモデルです。


マンダラ、スーパーチャンクに激似な板です(^^;;


f:id:aliang1201:20160813190227p:plain

 

 今のroberts, white diamondが

35リットル弱ですから、約10リットル多い計算です。


ここ最近、よく思うんですが、

オーバーフロートの板による

デメリットってなんだろう、と。


分かりやすいところで、波のサイズ

があがると、ゲットし辛くなる。

これ以外は?


テイクオフは確実に早いし、

ボトムターンはしっかりと加重

出来れば、薄い板よりメリットがあるし、、、


トップターンの板の返しが、鈍くなる?

だけど、しっかりボトムターン後に

加速してスピードにのれれぼ、あまり重要な要素に思えませんか?


なんて、いろいろ考えてたら、もっと色々な板に乗って考えを整理する必要があるように思えてきました。

f:id:aliang1201:20160813193511j:plain


 ボトム形状はシングル、ダブル、vee

です。ロッカーはテール側がほぼなく、パンチーな波には対応しづらいでしょうが、ビーチブレイクのマッシーな胸、肩位までの波にはマッチ

するんじゃないでしょうか。


因みに、価格は新品で、8000元。

日本円で26000円くらいです。

安い!