台湾にサーフトリップは如何? 現地サーファー、亮さんのブログ

台湾での生活やサーフィンの情報をお届けします。

台湾、IT産業変身

みなさん、こんばんわーw 台北、あきらさんです。

 

今日も日本から出張者がきたので、台湾の大手ITベンダー

の展示ルームに訪問してきました。

 

初めて台湾にきたのが1999年ですから、17年前なんですが、

ものの見事に企業体が変身していますね。

 

17年前→ハード、ソフト技術なし ∴下請け

現在→17年間で培った品質で医療、など特殊分野で自社製品 ∴自社ブランド

 

「こうも変わるものか。。。」と久しぶりに愕然としました。

 

良く「日本のイノベーションとアメリカのイノベーションは切り口が違う、

日本は”もの”から、アメリカは”こと”から」といわれていますが、台湾は

間違いなく「日本のイノベーションモデル」をマネしていますね。

 

「いいところは盗んで、悪い所は切り捨てる」

 

はっきり言って、このままだと、日本のITベンダは数年先には間違いなく

苦境に立たされるのは間違いない感じがとてもしています。

 

『なら、おまえはなんかアイデアあるのか?』って言われたら、言おうと

思っているのは「個人個人の能力を上げることが近道である」と答える

と思います。

 

つまり、ベンチャー企業をしっかりと支える、経済システムつくる、

ということだと思います。

 

台湾の言葉で「白手起家」っていうのがあるんですが、いわゆる

「裸一貫で事業を立ち上げる」ってことです。

 

日本全体にもう少しそんな空気が蔓延するようにならないと、間違いなく

まずいっすね。。。。

 

その為には、わかてだけでなく、40,50代のミドルエイジももっと

海外で働けるチャンスがないとダメな気がします。

 

色々そのたありますが、まずは言葉の問題でしょうか。

語学は3000時間あれば、仕事でつかえるようになります。

 

いつか、「語学の3000時間学習プロセス」をまとめて、みなさん

とシェアしたいと思います。

(私自身、英語もTOIEC250→860、中国語HSK6級

、独学で取りました。。とれますよ、ちゃんとプロセス踏めば)

 

とりあえず、今日はここまで。