台湾にサーフトリップは如何? 現地サーファー、亮さんのブログ

台湾での生活やサーフィンの情報をお届けします。

台湾、脱サラ

みなさん、こんばんわーw 台北サーファー、あきらさんです。

 

今日は会社の上期決起大会があって、参加してきました。

 

日本に本社があり、台湾は支店になります。私を含め、日本の

駐在員が全体250人の中で5人です。

 

さて、今日は台湾駐在員の生活で台湾でよくきく話が。。。

 

①接待と称して、毎晩経費で飲み歩いて、会社で問題になり帰国になる

②任期がきたけど、日本に帰りたくなくて、現地採用になる

③独立して台湾に居住するようになる

 

実はわたくし、最初に訪台してから今年で16年目です。

(年もそれなりに重ねています。まだ、40代中盤です)

 

正直、若いころは、毎晩のようにキャバクラにいきまして、飲み狂っていました。

 

今回の駐在は二度目の駐在になるのですが、歳を重ねることに

「キャバクラ」ばからしいなー。

 

と思い初めまして、行かなくなりました。

(だって、テーブルチャージが一人5000円でボトルいれると2.5万

ですから。。。)

 

そんな生活もやがて飽ききまして、それよりも「起業して独立する考え

はどうだろうか?」と本気で思い始めました。

 

簡単にいうと「暖かくて、海の傍で、温泉があって、手ごろな飲み屋も

あって、魚がうまくて、。。。。」という誠に勝手な自分の条件を

考えると、「台湾」ものすごくありな場所なんですよね。

 

最近、シャープさんの買収以来、台湾の企業がかなり日本の中小企業

を買収して、日本市場に参入してきています。

 

台湾にいるから余計に思うことかもしれませんが、「日本ももっと

ベンチャー企業が盛り上がらなくてはいけない。その為には国の

支援は不可欠である」というのが私の考えです。

 

経営理論で言われる、企業ステージⅠからⅣですが、日本の企業

で70,80年くらい歴史がある会社は、ほぼステージⅣに

いる状況だと思います。

 

毎日、ビジネスモデルを考えています。

 

どこかにアイデアないかなー。。。

 

本日はとりあえず、ここまで。