台湾にサーフトリップは如何? 現地サーファー、亮さんのブログ

台湾での生活やサーフィンの情報をお届けします。

春節、南台湾、サーフトリップ その3

おはようございます!

今日は佳樂水のポイントを紹介しますね。

f:id:aliang1201:20160323065949j:plain

ここがビーチ向かって左側のリーフポイント。ほぼグーフィーオンリーのブレイク。

波質はマッシーな波質でロングが多いです。

 

この日は2月中旬にもかかわらず気温が25度オーバーで、タッパーで入水できます。

(ローカルは裸のやつもいましたね。)

f:id:aliang1201:20160323070831j:plain

こちらはビーチ向かって右側のビーチブレイク。

波が小さ目ですけど、奥でレギュラーが割れてるのが見えますよね。

私は基本、ショートボーダーなのでこちらの波の方が今回は遊べましたね。

 

台湾は台北から台中までが亜熱帯気候、台中から南が熱帯気候となっていまして

ここは熱帯地方なのです。2月中旬でも気温30度の日もありましたよ。

 

ただ、台湾のサーフトリップに行かれる方は、現地の休みをなるべく外した方が

よいです。現地のサーファーがかなり集まってくるためです。

 

今回、ローカルの感じの悪いやつと遭遇してしました。私がグーフィーの波

気分よく、クルージングしてたら、突然のドロップイン(汗)

「俺はローカルだー」って中国語でまくしたててきたので、中国で「ルール

分かってるの?」っていったら、、黙っていってしまいました(汗)

(日本人だから中国語で話したら、引くと思ったんでしょうね。残念ながら

私はもう長いので中国語のコミュニケーションは問題ないんですねー。)

 

どこにでも、いるのですね。気を付けないと気分悪くなりますよね。。。

 

それでは、また明日!